坐骨神経痛の治療について

臀部から太もも、ふくらはぎに至るまで痺れるような不快感を覚え重症化すると足の先や足の裏にまで不調を抱くようになり地面に足を着いて歩く事すら困難になるのが坐骨神経痛です。

 

医療機関では解消できない場合も

発症した時には医療機関の整形外科を受診し、腰の周辺のレントゲン撮影を行った上で各部の動作を医師と共にチェックしながら症状を共有していくという事が行われるのですが、一言で坐骨神経痛とは言っても引き金になっている事は様々なので医療機関では解消させられない事もあります。

 

レントゲンを撮影した際にまるでヘルニアのように物理的に突出した物が見られて神経を圧迫しているのなら、腰部を引くような治療方法や温める方法により解決が目指せるのですが、中にはレントゲンを撮影しても骨には一切の異常が確認されなかったり、医師と共に確認する動作では問題が無いのに相変わらず痛みが続いてしまう場合も珍しくありません。

 

主な原因は筋肉にある

そのように物理的な異常が見られないのに坐骨神経痛が治らずに慢性化している場合の原因は主に筋肉にあり、筋組織が強張ってしまっているため神経が刺激を受けて発症します。

 

つまり、硬化してしまっている筋組織を柔らかくして再び柔軟性が高い状態に戻す事ができれば、慢性化している症状が解消できるという事になるのですが、筋肉に根本的な原因があっても筋肉のみにアプローチを行っては良い変化は感じられにくいです。

 

筋組織は骨に密着している

その理由は筋組織というのは骨に密着して存在しているものであり、筋組織の動きにより骨が動かされるという仕組みが関係しているためで、骨格に狂いなどが生じていると結果として筋肉にもねじれが生じ相変わらず硬化したままになる事が関係しています。

 

医療機関では骨格や骨に対してアプローチをするという事は行われず、せいぜいメスを入れて治療を施す程度なので、骨格を正確にして筋肉の動き方やあり方も正しくする事はできません。

 

坐骨神経痛治療ならはりきゅう接骨院 姿勢堂 松江院にお任せください。

そういった医療機関でさえも対処できない諸症状を対処を可能としているのがはりきゅう接骨院 姿勢堂 松江院という整骨院であり、島根県を中心として経営を行っており人々の健康を支えているチェーン店です。

 

坐骨神経痛のように比較的長い治療期間を要する症状の場合であれば、整骨院に通う際に金銭的な出費が気がかりになってしまうものですが、当院では治療に際する料金がリーズナブルに設定されているため、不調を我慢せずにすぐに利用できますし完治するまでじっくりと通い続ける事が可能です。