スマホシンドローム!!

首の骨は、本来であれば緩やかなカーブを描いています。
しかし、頭を支える首の負担が大きくなり首の骨がまっすぐになった状態のことを、ストレートネックといいます。

ストレートネックの人は、日頃からうつむいた姿勢でいることが多いもの。アゴが引きづらかったり、頷くのが辛い場合はストレートネックの可能性も。
普段からスマートフォンをうつむいた状態で操作したりデスクワークでパソコン、キーボード操作ばかりしている人は要注意です!

そんなストレートネックの人におすすめのメニューをご紹介します。
首や肩の緊張をほぐして、首の緩やかなカーブを取り戻しましょう。

1.体幹ストレッチ01

①イスに座って両腕を前に伸ばし、両手の甲を合わせる。

②腕を内側にひねりながら7~10秒かけて前屈し、7~10秒かけてもとの状態に戻る。
※ゆっくり呼吸をしながら、3回行いましょう。

 

2.体幹ストレッチ02

①イスに座ってヒジを曲げ、首の後ろで手を組む。背筋がまっすぐになるよう意識しましょう。

②7~10秒かけて上体を反らし、7~10秒かけてもとの状態に戻る。
※ゆっくり呼吸をしながら、3回行いましょう。

 

3.首ストレッチ

①顔を上に向け、目線を下に。この状態で10秒キープ。

②顔を下に向け、目線は上に。この状態で10秒キープ。
※上下3回ずつ行いましょう。

睡眠を見直しましょう!!

おはようございます☆

今日のテーマは『睡眠』です☆

毎日誰もが何気なく行う睡眠!
睡眠の役割はご存知でしょうか?

実は・・・骨(体)休め、脳休め、内臓休めの3つの休める意味があります!
睡眠不足が続いたり睡眠の質が低下したりすると、生活習慣病や心の健康にも影響することがあります。また、睡眠不足は仕事のパフォーマンスを低下させるだけでなく、ヒューマンエラーによる事故の危険性も高めると言われています。心身ともに健やかな日々を過ごすために、日頃から自分の睡眠について関心を持ちましょう。
寝不足気味なら短時間の昼寝もおすすめ。目を閉じて視覚情報を遮るだけでも脳が休息できます。

これを機に睡眠を見直してみてはいかがでしょうか?

「寝る子は育つ」には 理由があるんです

こんにちは☆

はりきゅう接骨院姿勢堂 松江院です(*^▽^*)

今日は子供の睡眠がテーマです!

成長期の子どもに重要な役割を果たしているのが「成長ホルモン」です。このホルモンには「ソマトメジンC」という物質を分泌させる作用があり、これが骨の骨端線という部分にある軟骨細胞に働きかけることで背が伸びます(*^▽^*)
約3分の2は睡眠中に分泌されると言われ、深い眠りの時に多く分泌されます!

睡眠不足になったり熟睡出来ていないと、成長ホルモンの分泌量は減少。

成長期の理想的な睡眠時間は小中学生で9時間程度、高校生で8時間程度と言われていますが

最近の子どもたちは様々な環境の変化によって夜型化が進み、睡眠時間が短くなっているようです(+_+)

できる限り十分な睡眠時間が取れるように、子どもたちに心地よい睡眠環境を整えてあげてくださいね♪

元気に歩ける老後のために必要なこと

こんにちは☆

はりきゅう接骨院姿勢堂です(^^♪

今日はは『骨』のお話です!

骨はおよそ16歳までに形成され、20歳で骨量がピークに達します((+_+))

その後徐々に減少していき、50歳頃から急速に減少していきます!!

つまり、成長期に質のよい骨を十分作っておくことが、将来のためにも重要な事なのです!!
 最近、骨の質を改善するために必要なものとしてビタミンKが注目されています☆
カルシウムを骨にくっつける役目をするたんぱく質の合成にビタミンK2が必須ということが明らかになってきました。

このビタミンK2を多く含んでいる食べ物の1つとして納豆があげられます。

納豆を多く消費している地域では骨折する人が少ないという報告もあるようです。
将来、骨粗鬆症にならないためにも、幼少期に栄養を十分にとり運動をして、骨量を増やしていきましょう。

子どもたちに良質の骨貯金をさせてあげたいものですね。