ゲーム、スマホ、パソコン… 気づけば現代の生活は、 猫背になりやすい環境に!

こんにちは!(^^)!

はりきゅう接骨院 姿勢堂松江院です☆彡

今日は子供の姿勢がテーマです♪

 

ゲームや携帯にはまってしまい長時間座ったままやうつむき姿勢や また、公園でボール遊びなどが禁止されていたり、空き地など広々と遊ぶ場所がなかったり、今の子どもにとって“現代の環境”が猫背の要因に!
同じ姿勢を続けていたり、外でしっかり遊ばなかったことが、二足歩行である人間本来の姿勢を支えるために必要なインナーマッスルを十分に鍛えられない要因になることも。

もともと、インナーマッスルは日々の遊び(=運動)で自然と鍛えられるもの。
それが幼少時代に遊びが足りなかったりすると、子どもの頃はもちろん、大人になってからも大きな影響を与えてしまうことも。成長期の子どもにとっては、日々様々な動きを経験し、バランスの良い筋肉や持久力を育むことが大切。
ゲームやスマホで遊んでいると満足そうにしているかもしれませんが、大人としては将来のことをしっかり考えてあげましょう

スマホシンドローム!!

首の骨は、本来であれば緩やかなカーブを描いています。
しかし、頭を支える首の負担が大きくなり首の骨がまっすぐになった状態のことを、ストレートネックといいます。

ストレートネックの人は、日頃からうつむいた姿勢でいることが多いもの。アゴが引きづらかったり、頷くのが辛い場合はストレートネックの可能性も。
普段からスマートフォンをうつむいた状態で操作したりデスクワークでパソコン、キーボード操作ばかりしている人は要注意です!

そんなストレートネックの人におすすめのメニューをご紹介します。
首や肩の緊張をほぐして、首の緩やかなカーブを取り戻しましょう。

1.体幹ストレッチ01

①イスに座って両腕を前に伸ばし、両手の甲を合わせる。

②腕を内側にひねりながら7~10秒かけて前屈し、7~10秒かけてもとの状態に戻る。
※ゆっくり呼吸をしながら、3回行いましょう。

 

2.体幹ストレッチ02

①イスに座ってヒジを曲げ、首の後ろで手を組む。背筋がまっすぐになるよう意識しましょう。

②7~10秒かけて上体を反らし、7~10秒かけてもとの状態に戻る。
※ゆっくり呼吸をしながら、3回行いましょう。

 

3.首ストレッチ

①顔を上に向け、目線を下に。この状態で10秒キープ。

②顔を下に向け、目線は上に。この状態で10秒キープ。
※上下3回ずつ行いましょう。