お寿司パワー!!

こんにちは!

はりきゅう接骨院 姿勢堂 松江院です☆彡

 

日中など暖かい日が多く、気持ちのいい気候になってきましたね(^^♪

もうすぐ桜が咲き始め、お花見も楽しみですね(‘ω’)

 

先日、スタッフみんなで浜乃木にある“ひょうたん”さんにお寿司を食べに行きました!

回っていないお寿司です!!

中とろは口の中ですぐに溶けてしまい、ウニも甘えびも絶品中の絶品でした( *´艸`)

付け合わせも全て手作りでどれも“美味しい!!”の一言でした。

 

皆さんはお寿司のパワーを知っていますか?

実はとても体にいい栄養がいっぱいなんです!

 

【DHA・EPA】

魚の脂に多く含まれる不飽和脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、コレステロールを抑えたり、脳の働きを良くする効果があります。

同じくEPA(エイコサペンタエン酸)は、血液をサラサラにしてくれるので、動脈硬化や心筋梗塞の予防にも最適です。

これらの栄養素は、ブリやアジ、イワシ、サバ、カツオ、サケ、マグロなどに多く含まれます。

 

【ビタミンB群】

人間が生きていくためのエネルギーを作るために欠かせないのがビタミンB群です。

イワシ、アジ、シャコ、赤貝などからは、肝機能を良くしたり脂質をエネルギーに変えるビタミンB2を摂ることができます。

また、マグロ、カツオ、イワシなどは、脂肪や糖質、炭水化物の燃焼を促すナイアシンを豊富に含んでいます。

ナイアシンは口内炎や皮膚炎、胃腸障害やうつ病にも効くと言われています。

 

【ビタミンA】

疲れ目やがん予防にも効果があると言われるビタミンAは、ホタルイカ、アナゴ、スズキなどから摂ることができます。

ビタミンAは過剰に摂取しても良くありませんが、体内で作り出すことができない栄養素ですので、食品から摂取している分にはまず心配は要らないでしょう。

 

【たんぱく質】

骨や筋肉、皮膚など、体を作るのに欠かせない栄養素であるたんぱく質は、イワシ、いくら、アジ、マグロ、サケ、サバなどに多く含まれています。

たんぱく質の摂りすぎはカロリーオーバーにも繋がりますが、魚は比較的高たんぱくで低カロリーですので、筋肉作りや健康維持にも最適です。

 

【タウリン】

アミノ酸の一種であるタウリンは、肝機能を良くしたりコレステロールや血圧を下げる効果があります。

タウリンはイカ、タコ、カニ、エビ、貝類に多く含まれます。

お酒好きな方は積極的に摂ってもらいたい栄養素です。

 

【酢飯】

お酢には血流を良くする、胃の働きを良くする、高血圧を予防する、などの効果があります。

 

ただ、食べすぎにはご注意くださいね(^^♪

 

骨の2つの役割

おはようございます☆

今日は骨の役割について!

骨には2つの役割があります。1つ目は「カルシウムの貯蔵」をする働きです。カルシウムは、ホルモンの分泌、筋肉を動かす、血液を固める、傷を治す、酵素の働きに関与するなど、生きていくうえで必要不可欠な役割を担っています。人の体ではこのカルシウムの約99%が骨に貯蔵されていて、残りの約1%が血管などの細胞で使われます。この約1%が維持できなくなると、細胞が骨からカルシウムを取り出して体内に補充します。

 

もう1つは前回のブログでも話させていただいた「造血」の働きです。血液は骨の内部である骨髄でつくられていて、成長期にはほぼ全身の骨で活発に血液細胞が作られています。加齢に伴いその活動は低下しますが、胸骨や骨盤の一部では成人になっても造血活動が行われます。以上のことから、私たちの体を作るためには骨がないと成り立たないことが分かっていただけるかと思います。

睡眠を見直しましょう!!

おはようございます☆

今日のテーマは『睡眠』です☆

毎日誰もが何気なく行う睡眠!
睡眠の役割はご存知でしょうか?

実は・・・骨(体)休め、脳休め、内臓休めの3つの休める意味があります!
睡眠不足が続いたり睡眠の質が低下したりすると、生活習慣病や心の健康にも影響することがあります。また、睡眠不足は仕事のパフォーマンスを低下させるだけでなく、ヒューマンエラーによる事故の危険性も高めると言われています。心身ともに健やかな日々を過ごすために、日頃から自分の睡眠について関心を持ちましょう。
寝不足気味なら短時間の昼寝もおすすめ。目を閉じて視覚情報を遮るだけでも脳が休息できます。

これを機に睡眠を見直してみてはいかがでしょうか?

「寝る子は育つ」には 理由があるんです

こんにちは☆

はりきゅう接骨院姿勢堂 松江院です(*^▽^*)

今日は子供の睡眠がテーマです!

成長期の子どもに重要な役割を果たしているのが「成長ホルモン」です。このホルモンには「ソマトメジンC」という物質を分泌させる作用があり、これが骨の骨端線という部分にある軟骨細胞に働きかけることで背が伸びます(*^▽^*)
約3分の2は睡眠中に分泌されると言われ、深い眠りの時に多く分泌されます!

睡眠不足になったり熟睡出来ていないと、成長ホルモンの分泌量は減少。

成長期の理想的な睡眠時間は小中学生で9時間程度、高校生で8時間程度と言われていますが

最近の子どもたちは様々な環境の変化によって夜型化が進み、睡眠時間が短くなっているようです(+_+)

できる限り十分な睡眠時間が取れるように、子どもたちに心地よい睡眠環境を整えてあげてくださいね♪

骨盤を中心とした体幹が大事

こんにちは☆

はりきゅう接骨院姿勢堂松江院です!!

今日は体幹について・・

最近では見ることが少なくなった和式トイレや、ぞうきんがけの習慣、舗装されていない場所で遊ぶ機会も少なくなった現代。
体の動かし方のバリエーションが減ったため足首がかたくなりやすく、 その影響から骨盤バランスが崩れやすい状況にあります( ゚Д゚)
骨盤バランスが悪いと体幹が不安定になるだけでなく、運動能力の低下や成長痛、 骨の変形などさまざまなトラブルをも招きかねません!
日頃から子どもの骨盤バランスチェックや柔軟性チェックをしてあげましょう!

当院では子供の患者様も増えてきています!

スポーツをされているお子様は負担も大きくかかる為日ごろのケアが大事ですよ☆

年齢を重ねても、健康な体であるために!

こんにちは(^^♪

はりきゅう接骨院 姿勢堂です

本日のテーマは『骨盤』です♪

現在は昔のように出産直後の骨盤をサラシで固定する習慣がないため、骨盤が開いたまま固まってしまう人が多くなっています!

床ちゃんベルトも、正しくつけれないと逆に骨盤のゆがみを招いてしまいます(+_+)
こうした骨盤のゆがみをを放置したままでいると、骨盤が前に倒れて股関節がねじれ、O脚や外反母趾、ひざの痛みの原因になるリスクが高まります。また、早く体型を戻したいがためにニッパーやコルセットなどで胴を締め付けると、本来骨盤内に収まるべき子宮や直腸が押し下げられ、痔や脱肛、子宮脱などを起こしかねません。
ホルモンバランスが乱れて筋力が低下する更年期を迎えたときにこうしたトラブルで困ることがないよう、産後すぐの人はもちろん、産後ケアをしなかった人も今から骨盤ケアを始めましょう!

 

当院では骨盤矯正+インナーマッスルの強化を行うことで根本施術を行っています。

産後矯正、どこに行くか迷った方は当院へお越しください

子ども猫背SOS・・・

こんにちは☆

子どもの猫背にはいろんなタイプがある猫背。

その猫背姿勢はどのような影響を与えてしまうのでしょうか?

 

猫背と言ってもその姿は

頭だけが出ていたり、背中が丸くなっていたりと様々です!

重要なのはどんな姿勢のときも常に背骨が自然なS字カーブを描いていることです(^^

立位ではまっすぐ問題なくても座位だと猫背になる場合もあるので子供の立っている時と座っている時の両方をチェックしてあげましょう!

猫背問題は、ただ単に見た目が辛そう、だらしなさそうという印象を与えるだけでなく自然と胸郭(胸)も圧迫され、呼吸が浅くなってしまいます(+_+)

それにより基礎代謝や内臓機能、持久力、集中力の低下を引き起きしてしまします( ゚Д゚)

子供のうちにしっかりと正しい姿勢を身につけると、その後の人生も変わるといっても過言ではありません!!

いますぐチェックしてみましょう☆

気になる方は気軽にお問い合わせください☆

 

多発しています( ;∀;)

こんにちは。

2/9(土) ブログ更新です☆彡

本日のテーマは「急性腰痛症」

聞きなれない方も多いと思いますが

これを聞くと分かる方も多いと思います。

それは・・「ぎっくり腰」

別名「魔女の一撃」とも呼ばれます( ゚Д゚)

この異名を持つだけあり受傷時の衝撃は

すごいものがあります!

スポーツをしている時や重たい荷物を持った時などに起きる

あの急激な腰痛の事です( ;∀;)

 

普段から腰に不安を持っている方や柔軟性が乏しい方などは要注意です!

当院ではまずぎっくり腰にならないように骨格を正しインナーを強化することで

身体を支える力をアップしていきます。

 

ぎっくり腰になった方も安心!その時はハイボルト治療や鍼灸で痛みを取り除いていきます。

発症する前・なってからのケアなら当院にお任せください!

早期治療により回復が早くなります(^^♪少しでも不安に感じている方気軽にお問い合わせください!

アキレス腱の太さについて

こんにちは!

はりきゅう接骨院姿勢堂松江院です。

 

今日はアキレス腱について述べていこうと思います。

なぜアキレス腱の話をするのかというと、

それは、アキレス腱が太ければ太いほど心臓病になるリスクが高いということが判明しているからです。

心臓の検査をしに病院へ行ったのに足のレントゲンを撮られた!なんて事もあります。

 

では、どうしてアキレス腱の太さが心臓病に関係しているのでしょうか?

それは、アキレス腱は歩行などで常に伸びたり縮んだりして負担がかかるため痛めやすく、その痛んだ所へ血液中のコレステロールや中性脂肪が付着してしまいます。

そのため、コレステロールや中性脂肪が多い人は正常な人より多く付着するため、アキレス腱が太くなります。

そのコレステロールが過剰に増えるとアキレス腱に付着するだけではなく、血管内の壁にも付着し蓄積します。

この蓄積により血管が詰まったり、動脈硬化が進行したりすることで心筋梗塞や狭心症などにつながる恐れがあります。

「家族性高コレステロール血症」という病気はアキレス腱の太さが診断基準になっています。

家系内でコレステロール値が高い人が多い方は

生活習慣を見直しても、なかなか治らないので適切な治療が必要です。

 

必ずこういった所見が現れると限りませんが

自分だけではなく家族や親戚などの

早期発見し、早期治療して病気のリスクを減らして

健康で明るく笑顔ですごしましょう(*^_^*)

コーヒーが生活習慣予防に効果的!?

カフェインとポリフェノールの2つの力が予防に効く

最近、多くの人が日々口にしている飲料が、ある深刻な生活習慣病を予防してくれることがわかりました。

その飲料はコーヒーです。

コーヒーのカフェインが糖尿病を予防してくれることが、最近の研究で分かってきたのです。

はじめ、コーヒーに含まれるカフェインが血糖値の調整役をしているのだと考えられていました。

カフェインは長期的に血糖値を上げず、脂肪燃焼を助けることでも知られていたからです。

 

ところが、カフェインレスコーヒーを毎日同じだけ飲む人に比べても、効果に変化がなかったことから、

コーヒーに含まれるポリフェノールにも、血糖値を下げるなどの効用があることがわかりました。

 

つまり、コーヒーはカフェインとポリフェノールのダブルな力で糖尿病を予防してくれることが分かったのです。

残念ながら、その詳しいメカニズムは解明されていませんが、コーヒーが糖尿病予防に一定の効果をもたらすことは明らかです。

糖尿病のほかにも、コーヒーを習慣的に飲むことで、肝臓にいい作用があることが世界の研究で、

明らかになっているほか、インスリン値を低下させ、尿酸値を下げるという説も。

もしかしたら古代にその薬としての効能をを発見されたアスピリンの祖先、柳の樹皮のように、

いつかコーヒーをもとにした生活習慣病の新薬が生まれる日が来るかもしれませんね!!!

 

1 2 3 4 5 6